BMW 3シリーズ 新型の量産準備にVR導入…コクピットを仮想で組み付け

BMW 3シリーズ 新型の量産準備にVR導入…コクピットを仮想で組み付け

BMWグループは11月20日、新型『3シリーズセダン』(BMW 3 Series Sedan)の量産立ち上げの準備として、VR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)テクノロジーを導入した、と発表した。VRテクノロジーの導入は、新型3シリーズセダンの量産立ち上げを、スムーズに行うのが狙いだ。たとえば、実際に生産を開始する前に、専用のヘッドセットを装着することにより、コクピットモジュールを車両に組み込む擬似体験ができる。システム、ロジスティクス、組み立ての各プランナーは生産現場の従業員とともに、仮想現実の世界で生産領域の全体を評価し、新しい手順を3Dでテストすることができたという。BMWグループは現実世界とバーチャル・シミュレーションを組み合わせたMR(複合現実)を利用して、車両の開発速度を加速させている。BMWグループはこうした手法の使用に関して先鞭をつけており、家電分野やコンピューターゲーム分野の技術や、増加するコンポーネントや車両機能を極めて現実的に視覚化できる新世代のデータグラスを採用している。BMWグループがMRを使用する分野のひとつが、車両インテリアの開発だ。ここではコンピューターで生成されたシミュレーションとインテリアのモックアップが組み合わせられる。これにより、将来量産されるモデルのドライビングエクスペリエンスを、包括的なイメージとして開発の初期段階で作成することができる、としている。