三菱 アウトランダー 改良新型、中国仕様を発表…広州モーターショー2018

三菱 アウトランダー 改良新型、中国仕様を発表…広州モーターショー2018

三菱自動車と広州汽車の中国合弁、広汽三菱は11月16日、中国で開幕した広州モーターショー2018において、改良新型『アウトランダー』(Mitsubishi Outlander)の中国仕様車を初公開した。改良新型アウトランダーの中国仕様車では、ヘッドランプやバンパーなどの外装デザインが変更された。ダイヤモンドカットデザインのLEDヘッドライトや18インチホイールも新採用する。室内は、フロントシートやオーナメントパネルなどのデザインを変更するとともに、フロアコンソールに後席用のエアコン吹き出し口を追加した。ブラウンの内装色も新たに選択できる。エンジンノイズの低減により、静粛性を引き上げているという。360度のパノラマモニターシステムとブラインドスポット警告システムも、新採用した。ブラインドスポット警告システムは、ドライバーの死角に入った車両などの存在をカメラが捉え、衝突の危険性がある場合、ドアミラーのランプでドライバーに警告する。また、改良新型アウトランダーの中国仕様車では、構造用接着剤の使用によって車体の剛性を高めた。パワートレインには、2種類のガソリンエンジンを用意しており、排気量2.0リットルと2.4リットルの直列4気筒ガソリン「MIVEC」エンジンが選択できる。なお、現地ベース価格は15万9800元に設定している。