3分で分かる株式分割と株式併合の基礎知識

3分で分かる株式分割と株式併合の基礎知識

株式投資やETF・ETNを活用した資産運用をしていると、株式分割や株式併合といったイベントに出くわすことがあります。

突然、保有銘柄の企業から株式の分割をするという発表がありますので、どんな影響があるかわからず不安になってしまうかもしれません。しかし、

  • 株式分割と株式併合とは何か
  • どのような影響があるのか
  • どのような理由から分割や併合が行われるのか

をおさえておけば不安とは無縁になります。

早速見ていきましょう。

執筆者

目次

  • 1.株式分割とは
    • 1.1.なぜ株式分割を行うのか
    • 1.2.株式分割のメリットとデメリット
  • 2.株式併合とは
    • 2.1.なぜ株式併合を行うのか
  • まとめ

1.株式分割とは

株式分割とは、「1株を2株にする」というように、株式の単位をこれまでよりも細かく分けることです。

例えば、1株1万円のA社株を100株持っているとします。1万円の株が100株なので、100万円分の株を持っていることになります。ここで、A社が「1株を2株にする」という株式分割を行うと、株数は200株に増えて1株の株価は5,000円になります。

株数は2倍に増えますが、株価は半分になりますので、200株 × 5,000円でA社株を100万円分持っていることに変わりはありません。

1.1.なぜ株式分割を行うのか

なぜ、このような株式分割を行うのかというと、「株を売り買いしやすくするため」です。

現在、日本の株式市場では、株は100株単位か1000株単位で取引されることになっています。この売買単位のことを単元株式数(取引単位)と呼びます。

仮にA社の単元株式数が100株だとすると、分割前にA社株を買うのには100万円の資金が必要です。

そこで、A社が株を1:2で分割することで、50万円で買うことができるようになります。

より少ない金額で買うことができるようになるので、多くの人が買えるようになり、売買が活発になります。このように、売買が活発になって売り買いしやすくなることを「流動性が高まる」といいます。

1.2.株式分割のメリットとデメリット

株主側

株主からすると、持ち株の流動性が高まることで売却しやすくなるうえに、これまでは1度で売却しなければならなかった株を2回に分けて売ることができるようになるなど、取引の自由度があがるというメリットがあります。

これに対して、デメリットは特にありません。

会社側

会社側としては、株式分割を行うことで株式数が増えて、結果的に株主数が増えることが見込めます。

株主数が増えると、招集通知や配当通知の発送費用など、事務処理コストが増えるので、この点はデメリットになります。その一方で、個人株主が増えることで安定株主が増えたり、買収防衛に役立ったりするといったメリットもあります。

特に見逃せないのが、株主数が東証1部への昇格要件となっていることです。


 参考:一部指定・指定替え・市場変更基準(日本取引所グループ)

これを見ると、株主数2,200人以上というのが東証1部昇格の条件となっています。株主数2,200人に満たない企業の株式分割は東証1部昇格への有力なシグナルとなることがあります。

東証1部昇格のシグナルには、他にも「株主優待新設」「立会外分売」などがあります。

参考:東証一部昇格とは|トレード戦略と銘柄を見つける方法

2.株式併合とは

株式併合は「2株を1株にする」というように、複数の株を1つにまとめることです。

株式分割と逆のパターンです。

例えば、1株5,000円のA社株を200株持っているとします。5,000円の株が200株なので、100万円分の株を持っていることになります。ここで、A社が「2株を1株にする」という株式分割を行うと、株数は100株に減って1株の株価は10,000円になります。

株数は半分になりますが、株価は2倍になりますので、100株 × 10,000円で、A社株を100万円持っていることに変わりはありません。

2.1.なぜ株式併合を行うのか

1株あたりの株価が安くなりすぎているような場合や、発行株式数が多すぎる場合に行われたりします。また、経営再建のため債務を抱えた企業が、減資や、それと同時に行う第三者割当増資と共に株式併合を行うこともあります。

まとめ

株式分割や株式併合は、それ自体では単に株式数の増減があるだけで、持ち株の価値に影響を与えるわけではありません。

しかし、それに派生して、様々な思惑から株価に影響を与える場合があります。こうした、動きを利用して利益を狙うこともできます。株式分割と株式併合の特徴をおさえて、今後の株式投資にお役立てください。